2009年10月03日

抜け毛予防の頭皮マッサージ

誰でも日常的に出来る抜け毛への対策として、頭皮マッサージがあります。
頭皮の血流が滞ると、抜け毛が生じやすい状態になってしまいます。
血液は毛髪にも栄養を運んでいる為、その血流が悪くなると髪の成長が妨げられることになるからです。
頭皮マッサージは頭皮の血流を促進し、抜け毛の予防に役立つので、日頃から習慣づけるようにしましょう。

まず頭皮マッサージの前に、指先の爪をチェックしてみます。
頭皮を傷つけないようにする他、菌類を繁殖させないようにする為で、爪・指はいつも清潔にしておかなければなりません。
最初5分程、両手の指で前後左右に頭皮をゆっくり動かし、髪を包み込むような感覚でマッサージをします。
次は、円を描くように額から頭頂部へかけてマッサージをします。
同じ要領で側頭部から頭頂部、後頭部から頭頂部へかけてマッサージを行っていきます。
こうした一連の頭皮マッサージを1日に1回するだけで、十分な抜け毛の予防となります。
できるだけリラックスしている時にマッサージをするのが好ましいので、1日の中でも特に忙しい時間帯を避けて行いましょう。
また、自分でマッサージをするのも勿論ですが、よりリラックスする為に、家族など他の方にトリアマッサージをしてもらうのも効果的です。

シャンプーをする時、同時に頭皮マッサージを行う人がいます。
しかしそれでは頭皮を傷つけてしまう場合が多い為、マッサージはシャンプーをする前に行いましょう。
朝シャンという言葉を良く聞きますが、こういったことからも、マッサージの方が抜け毛の対策として良いことが伺えます。
posted by 2365 at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

化粧品市場規模

化粧品市場規模

一方で、最近は肌意識の高まりから男性用のスキンケア(シェービング、洗顔、化粧水等)が注目されており、2003年頃から、男性向け化粧品も徐々に販売額が増えている。これらは、「メトロセクシャル」「メンズコスメ」などのキャッチフレーズとともに注目を集めている。男性向けの場合はメークアップ化粧品よりも、基礎化粧品やヘアトニック、整髪料、香水トリアなどといった分野が多い。

男性用の化粧品トライアルセットもある。

市場規模は2004年時点で約2兆円。メインターゲットは女性で、基礎化粧品(化粧水など)やメークアップ化粧品(口紅、ファンデーションなど)など顔につけるものから、ボディ用商品に至るまで、商品は多岐に渡る。
posted by 2365 at 06:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

化粧品効能

女性、男性向けともにアンチエイジングの効能をうたった商品が注目を集めている。


化粧品は皮膚や毛髪など身体に直接的に長時間接触するために、成分と利用者の体質が合わないと、皮膚のかぶれや肌荒れなどの身体へのトラブルが発生する場合がある。そのためできるだけ自然に近い成分を使用し肌などに優しいことを特徴としてあげる商品もある。



業界としては、各種メディアで派手に宣伝・広告する一部の超大手メーカー以外にも、中小メーカーが非常に多く、また大手資本でありながら全く別のメーカー、ブランドとして活動する会社が多いのが特徴である。

化粧品の特徴として、コマーシャルなどの宣伝費が多くかけられていることが上げられる。国内の広告費を業種別にみると、食料品に次いで2位となっている(市場規模は食料品の方がずっと大きい)。
posted by 2365 at 06:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

抜け毛の観察

抜け毛を憐れみ、もう戻ってはこない後悔をするよりも、その抜け毛をよく観察してみましょう。
抜け毛のことをよく観察すると、本当に薄毛が進んでいるのか、また、代謝等の正しい原因によって抜けた毛なのかが分かってきます。
例えば何かの病気になってしまった場合、病気を治すにはなるべく初期の進行段階で発見して適切な治療を施すことが必要です。
そしてそれは、抜け毛にも同じことが言えます。
抜け毛の本数による判断だけではなく、その抜け毛を観察することによって、どの程度の危険さなのかを判断することが出来ます。

もともと髪の毛では、成長→休止→脱毛というサイクルが繰り返し行われています。
1日に50本から100本の抜け毛は、実はまだ正常な状態です。
しかしこれが200本、300本と増えると、薄毛が進んでしまっている状態です。

なるべく抜け毛が進んでいると思う箇所を選び、軽く引っ張ってみて抜けた毛をよく観察してみましょう。
まずは、細くて短い毛がどの程度あるのかを把握します。
そのような抜け毛は、十分に成長し終える前に抜けてしまった髪の毛で、残念ながら、通常の毛よりもずっと短命で終わってしまっています。
当然ながらそのような髪の毛は、より少ないことが望ましいです。

そして、毛根の部分も家庭用脱毛器で観察してみましょう。
先が丸くなっていれば、それは寿命まで生え続けた毛です。
一方、先が細くなっている毛は、残念ながら寿命をまっとうする前に抜けてしまった毛です。
細くて短い毛と同様、このような毛もより少ないことが望ましいです。

以上より、結果的に寿命をまっとう出来なかった毛が増えると、サイクルに障害が生じ、抜け毛の増加に繋がっていきます。
posted by 2365 at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。