2007年08月09日

抜け毛の観察

抜け毛を憐れみ、もう戻ってはこない後悔をするよりも、その抜け毛をよく観察してみましょう。
抜け毛のことをよく観察すると、本当に薄毛が進んでいるのか、また、代謝等の正しい原因によって抜けた毛なのかが分かってきます。
例えば何かの病気になってしまった場合、病気を治すにはなるべく初期の進行段階で発見して適切な治療を施すことが必要です。
そしてそれは、抜け毛にも同じことが言えます。
抜け毛の本数による判断だけではなく、その抜け毛を観察することによって、どの程度の危険さなのかを判断することが出来ます。

もともと髪の毛では、成長→休止→脱毛というサイクルが繰り返し行われています。
1日に50本から100本の抜け毛は、実はまだ正常な状態です。
しかしこれが200本、300本と増えると、薄毛が進んでしまっている状態です。

なるべく抜け毛が進んでいると思う箇所を選び、軽く引っ張ってみて抜けた毛をよく観察してみましょう。
まずは、細くて短い毛がどの程度あるのかを把握します。
そのような抜け毛は、十分に成長し終える前に抜けてしまった髪の毛で、残念ながら、通常の毛よりもずっと短命で終わってしまっています。
当然ながらそのような髪の毛は、より少ないことが望ましいです。

そして、毛根の部分も家庭用脱毛器で観察してみましょう。
先が丸くなっていれば、それは寿命まで生え続けた毛です。
一方、先が細くなっている毛は、残念ながら寿命をまっとうする前に抜けてしまった毛です。
細くて短い毛と同様、このような毛もより少ないことが望ましいです。

以上より、結果的に寿命をまっとう出来なかった毛が増えると、サイクルに障害が生じ、抜け毛の増加に繋がっていきます。
posted by 2365 at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。